基礎知識

請求書を再発行しなければいけないときは?

請求書再発行の際の日付は? 何らかの問題があって請求書を再発行することになった場合、単に紛失しただけなのなら、請求日は前回と同じで問題ありません。支払期日が過ぎている場合でも、本来の請求書の日付を明記します。

請求書は、金額訂正が出来るのでしょうか?

請求書の金額訂正は可能なのでしょうか? 請求書の内容で金額が間違っていた場合、基本的には一旦請求書を回収し、金額訂正したものを再送するのがビジネスマナーです。金額欄に紙貼りなどして金額訂正すると、不正改ざんと見做されるので絶対に行ってはいけ…

請求書の適切な管理方法は

請求書は2種類に分けて保管を 請求書には、先方から受け取る、支払いを求められる請求書と、個人事業主など、自身が先方に向けて発行する入金の請求書があります。先方から受け取った請求書は、未払分の請求書と支払い済みの請求書に分け、ファイルや封筒な…

請求書をpdfでメール添付する際の注意点は

請求書をメールで送る際は 請求書を送る際、文書ではなくメール添付で送るのは法的には問題なく、最近はメールで受け付けるところも増えています。 ただ、エクセルなどで作成したものをそのまま送ると、後で改ざんされる恐れがあるので、メール添付で送る場…

請求書の金額の内訳で注意すべきところは

請求書の金額の内訳は 請求書発行の際は、先方に請求の内容がよくわかるよう、内訳も記したほうがよいでしょう。請求の内訳としては、商品名・単価・数量・合計額などを記述し、他にも、日付や商品の単位や備考を記述する場合もあります。

請求書の宛名で「御中」と「様」の使い分けで間違えないために

「御中」は担当者様の代わりのようなもの 請求書の宛名書きで、御中と様の使い分けに少し戸惑うこともあります。「御中」は、個人名ではなく、官庁・会社・団体の宛名の後に付ける敬称となり「〇〇株式会社 御中〇〇株式会社 △△部 御中」というように使用し…

請求書に挨拶文を添付する場合

請求書の挨拶文の冒頭は 請求書を送る際は、挨拶文を添付するのがマナーでしょう。挨拶文には、通常は冒頭に宛名、日付、差出人情報を記します。

請求書に印鑑を押す意味は?

請求書にふさわしい封筒は 請求書を入れる封筒は、請求書はたいていA4サイズの紙なので、長3(長形3号)のサイズがA4の紙がちょうど3つ折りで入ります。請求書なので、中身が見えくいよう、二重または、裏地に模様がついているもので、封をするためのノリ…

請求書の封筒で注意すべきことは

請求書にふさわしい封筒は 請求書を入れる封筒は、請求書はたいていA4サイズの紙なので、長3(長形3号)のサイズがA4の紙がちょうど3つ折りで入ります。請求書なので、中身が見えくいよう、二重または、裏地に模様がついているもので、封をするためのノリ…

請求書の基本的な書き方は

請求書発行の目的は? 請求書は、取引先との契約が締結された後の、債権管理のための書類です。 請求書は、契約そのものには直接関与せず、契約に付随する書類となります。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.