業種別トータル会計の評判は?3ステップで操作できる使いやすい会計ソフト

f:id:urj:20161004190731j:plain

「業種別トータル会計」は、たったの3ステップで操作できる簡単で使いやすい会計ソフトです。 第1ステップ 現金や預金等を記帳する帳簿を選択します。 第2ステップ 取引一覧から該当取引を選択すると取引詳細が表示されるので、その中から処理したい取引を選択します。 第3ステップ 日付、備考、取引金額を入力すれば完了です。 たったこれでだけで、経理処理・給与計算・減価償却など、関連する会計帳簿をすべて自動的に作成することができます。 従業員200人規模の会社なら、業種別トータル会計があれば、すべての経理処理が可能です。

 

複雑な経理処理の心強い味方

経理には、会計、給与、年末調整、減価償却などさまざまな種類の業務があります。 これらがすべて総合されて決算することが可能となります。 しかし、通常の市販ソフトでは、これらの処理を行うソフトが別々に販売されているため、使う側にとってはコスト高でかえって処理が複雑になっていました。 業種別トータル会計では、これらの処理をすべて同一ソフト内で行うことで、会計処理を簡単に行いコスト削減を可能にしました。 経理にはいろいろ会計用語(仕訳・簿記・借方・貸方など)があり、慣れない人にはわかりにくいものです。 しかし、基本的には家計簿の延長といってもいいのです。 そこで、業種別トータル会計では、まさに家庭にある家計簿の延長で使えるように、処理を簡単にしました。 ソフトを起動すると画面に取引一覧が表示されるので、それを選択して日付と金額を入力するだけで処理が完了します。

税務申告もおまかせ

業種別トータル会計を使うと、税務申告に必要な会計書類と決算書の作成も可能です。 入力は該当する取引を選択するだけで、あとはパソコンで自動的に複式簿記に変換しますから、手間もかからずに作成することができます。 処理できるのは会計伝票・総勘定元帳・残高試算表・貸借対照表・損益計算書・給与明細・給与台帳・源泉徴収票・源泉徴収簿・減価計算明細・固定資産台帳などで、経理業務に必要なものはすべて出力できます。 業種別トータル会計は、画面からデータを入力するだけで、これだけの処理が簡単にできてしまうすぐれものです。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.