読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

請求書の宛名で「御中」と「様」の使い分けで間違えないために

f:id:asawabe1023:20160526132010j:plain

「御中」は担当者様の代わりのようなもの

請求書の宛名書きで、御中と様の使い分けに少し戸惑うこともあります。
「御中」は、個人名ではなく、官庁・会社・団体の宛名の後に付ける敬称となり「〇〇株式会社 御中〇〇株式会社 △△部 御中」というように使用します。

「御中」は、会社・団体に対し、担当者が誰か分からない場合に使われます。
「ご担当者様」の代わりと考えればよいでしょう。

会社・団体の後に個人名がある場合に「御中」は使用せず、個人名の後に「様」を付けます。
「〇〇株式会社 □□□□ 様」もしくは「〇〇株式会社 △△部 □□□□ 様」というようになります。

「御中」と「様」を重ねて使用することはありません。

「様」の正しい書き方は

企業や団体で勤めている個人宛の敬称は「様」で、企業・団体名、部・課名、役職名、個人名、様の順に記します。
代表取締役・部長・課長・係長などの「肩書き・役職名」を氏名の前に記し「役職名、氏名、様」の順に記すのが最も正しい書き方となります。
下の名前が不明な場合、苗字だけでも構いませんが、できるだけ氏名全て書くようにします。

役職名を氏名の後に接尾語として付けることも多いのですが、この場合、役職名自体が敬称の意味を含む言葉になります。
このため「様」などの敬称を重ねて付ける必要はなく、○○課長と記し、○○課長様と記すのは誤りになります。

ただ、役職名だけ使用する場合、接尾語ではなく名詞としての意味を持った言葉になるので、営業部長殿、総務課長様など「様」の敬称を付けるのは問題ありません。

「殿」は使わない

〇〇株式会社 代表取締役 △△ □□殿、などと書くこともあるようですが、「殿」は主に目下の人、部下、生徒などに付ける敬称となります。
このため、取引先の担当者の名前や上司には「殿」を付けるのは、間違い、というのは知っておくべきでしょう。

社員各位、関係者各位、お客様各位、という使い方も良く聞きますが、「各位」は、複数の個人を対象とする場合に敬意を表す敬称で、主にビジネス文書や案内状などのお知らせ文書に使用されます。
このため請求書では使われません。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.