請求書の封筒で注意すべきことは

f:id:asawabe1023:20160526130931j:plain

請求書にふさわしい封筒は

請求書を入れる封筒は、請求書はたいていA4サイズの紙なので、長3(長形3号)のサイズがA4の紙がちょうど3つ折りで入ります。
請求書なので、中身が見えくいよう、二重または、裏地に模様がついているもので、封をするためのノリやテープがついているものがよいでしょう。

出来れば、請求書の宛名が見えるよう、窓あきのもので、さらに、余裕があれば差出人欄に差出人名が印刷されたオリジナル封筒だと、先方に対する印象がよくなります。

封筒には、請求書在中と記すとDM等と間違われず、先方に対しても経理部門に届きやすくなります。
手書きでも構いませんが、発行数が多いのなら、スタンプを用意するとよいでしょう。
スタンプは100円ショップなどでも購入できます。

封筒の宛名は?

封筒の宛名は、会社宛ての場合、◯◯株式会社 御中、と記し、個人宛の場合、山田一郎 様、というように記します。
先方の担当者名まで分かっているのなら、請求書が届きやすいよう、担当者の名前まで記すようにします。
会社宛てで担当者名までわかっている場合、◯◯株式会社 経理部 山田一郎 様、などと記します。

◯◯株式会社 御中 経理部 山田一郎様、などと組織宛の「御中」と、個人宛の「様」を一緒に使う書き方は誤りなので注意が要ります。
経理部宛に送る場合もあるので、事前に先方に請求書の届け先の指定があるかどうか確かめておくと良いでしょう。

社名と部署名が一行に収まらないのなら、行を変えても構いません。
社名が長く宛名がスペースに収まらないのなら、株式会社を(株)と省略しますが、通常は株式会社と書きます。

宛名を書く順番と、切手の貼り方

担当者への宛名書きは、まず社名、部署名を書き、次に行を変えて氏名、様の順に書きます。
担当者に役職・肩書きがあれば、社名、部署名を書き、次に行を変えて、役職、氏名、様の順に書きます。

切手は、縦長の封筒の場合は左上部、横長の封筒の場合は右上部に切手を貼ります。
切手を張る位置を間違えると、定型外として扱われてしまう場合もあるので少し注意が要ります。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.