請求書に挨拶文を添付する場合

f:id:asawabe1023:20160526131707j:plain

請求書の挨拶文の冒頭は

請求書を送る際は、挨拶文を添付するのがマナーでしょう。
挨拶文には、通常は冒頭に宛名、日付、差出人情報を記します。

宛名は、請求書を送付する相手先の名称を省略せずに記します。
日付は、作成日または投函日を記載します。

差出人情報は、会社名(個人授業主の場合屋号か個人名)、住所、電話番号、担当部署名、担当者名(個人事業主の場合は個人名)を記し、社印を押印(個人事業主の場合は屋号の角印あるいは個人の印鑑)します。

タイトルなどの項目は

タイトルは、通常は「請求書送付の件」と記します。

この後に挨拶文を書きますが、手紙文ではないので、ビジネス文書なので、時候の挨拶などは書かず、頭語と結語を使用するのが一般的です。
通常は、「謹啓」で始まり「敬具」で終わるか、「拝啓」で始まり「敬具」で終わる形式で書きます。

最後は、添付書類の名称と通数を記します。
請求書の場合「請求書 1枚」などと記します。

何か補足して説明するこがあれば、備考欄を設けて記します。

挨拶文の文章は

挨拶文は、あまり長ったらしくなく、ごく簡単な内容にします。

謹啓

貴社におかれましては、ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
いつもご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、この度は(納品・検品)いただきました◯◯につきまして下記の通り、請求書をお送りいたしますので、ご査収のほどよろしくお願いいたします。

敬具

こうした文章が一般的です。

末文として「今後とも益々のお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。」「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。」などと、取引の継続を願うような文で締めくくることもあります。

「なお、請求書に関しましてご不明な点がございましたら弊社経理部(00-000-0000)までお問い合わせください 。」という文書を添付する場合もあります。

文章は、あまり丁寧になりすぎず、正しい敬語、謙譲語を使うことが、先方の印象をよくすることになります。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.