読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奉行i8 forクラウドの評判は?会計業務とマネジメント業務を両立できる財務会計システム

f:id:urj:20161004192243j:plain

「奉行i8 forクラウド」は、会計業務とマネジメント業務の両立を実現した、拡張性の高い財務会計システムです。 仕訳入力から、元帳・残高試算表・決算書などの会計帳票の出力や、会計データの財務分析などを行います。 固定資産管理システムや、申告システムなどと連携すれば、さらに会計業務を効率よく処理することができます。 奉行i8 forクラウドは、経営状況を外部に報告するための財務会計と、経営者に経営管理の情報を提供する管理会計の2つの観点から、自社の経営状況を把握するための機能を持っています。

 

3つのコンセプト

奉行i8 forクラウドには、会計データを活用するための3つのコンセプトがあります。 ・処理機能の充実 抜群の操作性により、処理機能をアップして日常業務の効率化を実現します。 経営管理のための細分化した会計データの入力支援を行います。 ・管理レベルの強化 科目・部門・取引先などのデータ分析精度を向上させることで、さまざまな問題点が顕在化する前に把握できるようにします。 ・マネジメント観点の導入 企業独自の観点で会計データの分析を行い、迅速な経営戦略の決定を実現します。

高い操作性

奉行i8 forクラウドは操作性の高いインターフェースを持ち、日常処理から月次処理、管理・経営分析まで、経理処理のさまざまな場面で効果的な経営戦略用データ作成に役立ちます。 未払金・買掛金管理、未収金・売掛金管理などの煩雑な会計業務では、支払/入金消込と仕訳作成業務に特化した、独自の支払管理・入金管理オプションを用意しています。 支払業務は支払予定管理から消込を行うと同時に、FBデータを作成することで迅速な処理を実現します。 入金・仕訳業務は、回収予定管理から入金の自動消込を行い、会計仕訳の効率化と債権滞留管理による資金繰り改善をサポートします。 奉行i8 forクラウドは、定型帳票や月次処理など、定型のルーチンワークにも効力を発揮します。 科目別・部門別・補助科目別・取引先別など各種の推移表・対比表を作成し、会計データをわかりやすく分析して、経営戦略に欠かせない資料作成を行います。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.