請求書の基本的な書き方は

f:id:asawabe1023:20160526130447j:plain

請求書発行の目的は?

請求書は、取引先との契約が締結された後の、債権管理のための書類です。
請求書は、契約そのものには直接関与せず、契約に付随する書類となります。

請求書は、取引先に、お金を払ってください、という意思表示の証拠となります。
金額や取引内容、振込口座の指定、振込手数料を明確に指定した請求書を発行することで、取引先の支払い忘れを防ぐことにつながります。

また、信用度が低い取引先などに対しては、請求書を発行したことが回収権の証拠となります。
このため請求書は必ず発行することです。

請求書に書くべき項目は

国税庁によれば、請求書には、1・書類作成者の氏名又は名称、2・取引年月日、3・取引内容、4・取引金額(税込み)、5・書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称、これら5つの項目を書くこと、とされています。

これ以外には、請求先の宛名、請求書の発行日、請求者の会社名、住所、電話番号なども書くようにします。
また、取引内容がよくわかるよう、商品名、商品の数量、商品の単価、商品の金額なども書きます。

消費税、源泉徴収などは取引先、仕事内容により変わるので事前に取引先に確認しておきます。
消費税は切り捨てる場合が多いみたいです。

事前に確認すべきことは

必須ではありませんが、請求側の会社の角印などを捺印するとよいでしょう。

振込手数料はどちらが負担するのか、支払い期限(振込み期限)がいつか、などは事前に取引先に確認した上で記載し、勝手に決めないようにします。

請求先の会社名は前株か、後ろ株かも間違えないよう注意することです。
商品名は取引先にとってわかりやすい名称にします。

請求書を管理するための番号も振っておくと良いでしょう。
請求書番号を振っておくと、未入金の請求書を特定しやすくなり、トラブルの解決がしやすくなります。
番号は自分で管理しやすい番号にします。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.