見積書の印鑑の意味と役割は

f:id:urj:20160815183546j:plain

見積書の必要性は

個人事業主(フリーランス)の人が見積書を作成する際、印鑑を押すべきか迷うかもしれません。

見積書の場合、特に様式の規定はなく、印鑑の有無も効力には影響がありません。

ただ、依頼先によっては、見積書を見た上で会社の稟議にかけて決定されることもあり、その際には、発注先の信用度なども勘案されるので、やはり信用度の高い見積書を作成することが大事といえるでしょう。

そのため、見積書には印鑑の押印があったほうが正式なものである印象を与え、信用性も高まることから、印鑑を押して提出するのが一般的です。

印鑑を押す位置は

見積書に印鑑がないと、受け取った側からすれば、本当に依頼先から発行されたものなのか、確信が持てなくなってしまいます。 印鑑があると、正式な書類というイメージが定着し、依頼先にも安心感を与えることができます。

見積書には角印や印鑑を押すことになりますが、印鑑や角印のデータを利用しても問題ありません。

作成者の氏名の下または右横に、作成者の印鑑を押しますが、作成者の印鑑のみの場合、氏名の右横に押しても構いません。 上司から承認印をもらう場合は、氏名の下にある段の右端に作成者の印鑑を押し、役職が上の人の印鑑を左側に押すのが一般的です。

使用する印鑑の種類は

使用する印鑑は、会社の場合は会社印(角印)を使用する場合がほとんどだと思います。 角印は「○○株式会社之印」等の記載がある印鑑で、会社が使う認印のようなものです。

これは、見積書など会社で日常的に発行される書類に捺印する印鑑で「この書類はこの会社が発行したものです」ということを明確に示す意味があります。 紛失する恐れもあるので、会社印と銀行印は別に作成しておくのが一般的です。

フリーランスでも、実印と銀行印は別に作っておくほうが安心です。 実印は印鑑登録している印鑑のことであり、フリーランスとして開業する際には、実印を新規に作って印鑑登録をしておくといいでしょう。

また、会社印はパソコン上で押印できる電子印鑑でも問題ありません。 むしろ、請求書を紙に印刷せずに押印できるので便利です。 電子印鑑で見積書に押印すれば、そのままメールなどで送れるので手間が省け、紙代・郵便代も節約できます。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.