請求書に印鑑を押す意味は?

f:id:asawabe1023:20160526131249j:plain

請求書にふさわしい封筒は

請求書を入れる封筒は、請求書はたいていA4サイズの紙なので、長3(長形3号)のサイズがA4の紙がちょうど3つ折りで入ります。
請求書なので、中身が見えくいよう、二重または、裏地に模様がついているもので、封をするためのノリやテープがついているものがよいでしょう。

出来れば、請求書の宛名が見えるよう、窓あきのもので、さらに、余裕があれば差出人欄に差出人名が印刷されたオリジナル封筒だと、先方に対する印象がよくなります。

封筒には、請求書在中と記すとDM等と間違われず、先方に対しても経理部門に届きやすくなります。
手書きでも構いませんが、発行数が多いのなら、スタンプを用意するとよいでしょう。
スタンプは100円ショップなどでも購入できます。

封筒の宛名は?

封筒の宛名は、会社宛ての場合、◯◯株式会社 御中、と記し、個人宛の場合、山田一郎 様、というように記します。
先方の担当者名まで分かっているのなら、請求書が届きやすいよう、担当者の名前まで記すようにします。
会社宛てで担当者名までわかっている場合、◯◯株式会社 経理部 山田一郎 様、などと記します。

◯◯株式会社 御中 経理部 山田一郎様、などと組織宛の「御中」と、個人宛の「様」を一緒に使う書き方は誤りなので注意が要ります。
経理部宛に送る場合もあるので、事前に先方に請求書の届け先の指定があるかどうか確かめておくと良いでしょう。

社名と部署名が一行に収まらないのなら、行を変えても構いません。
社名が長く宛名がスペースに収まらないのなら、株式会社を(株)と省略しますが、通常は株式会社と書きます。

宛名を書く順番と、切手の貼り方

担当者への宛名書きは、まず社名、部署名を書き、次に行を変えて氏名、様の順に書きます。
担当者に役職・肩書きがあれば、社名、部署名を書き、次に行を変えて、役職、氏名、様の順に書きます。

切手は、縦長の封筒の場合は左上部、横長の封筒の場合は右上部に切手を貼ります。
切手を張る位置を間違えると、定型外として扱われてしまう場合もあるので少し注意が要ります。
<h3>請求書の印鑑は法的に必要?

請求書に印鑑を押すことは、法的には定められてはいません。
ただ、請求に印鑑を押すことで、信頼度が増しますし、会社によっては、印鑑が押されていない請求書は受け付けないところもあるので、やはり印鑑は押したほうがよいでしょう。

印鑑が押されている請求書を偽造すると、有印私文書偽造で3カ月以上5年以下の懲役となり、印鑑のない請求書でも偽造した場合、無印私文書偽造で1年以下の懲役または10万円以下の罰金となります。
印鑑が押されている請求書の偽造は厳しく罰せられる、ということは知っておくことです。

法的には義務付けられていなくても、トラブル防止のため、やはり請求書には印鑑を押すようにします。

請求書に使われる印鑑は?

請求書に押す印鑑は、法人設立時に法務局に登録された実印や、口座を開設する際に金融機関に届け出た銀行印などは使われません。

請求書の印鑑として使われるのは、通常は会社の名前が入った角印で、書類の発行者が会社の書類と認める際に使われる認め印であり、特に登録の必要はありません。

業務上頻繁に発行されるので、角印はゴム印やインキ浸透印を使用する場合もありますが、これも特に問題はありません。

請求書の数が多い場合、あらかじめ請求書に角印が印刷されたものを使う場合もありますが、これも法的には問題ないのですが、会社によっては、きちんと社印が押されたものでないと受け付けないところもあるので、事前に確かめたほうがよいでしょう。

押印の位置は?

個人事業主の場合、個人事業主の苗字で普通の認印(丸印)を押せばよく、シャチハタでも構いません。

社印を押す位置は、基本的に自社名や所在地などが記載された部分の右側になります。
ただ、会社や書類の形式によって異なりますので、事前に確かめましょう。

通常は社名や所在地などの記載に少しかぶせるか、社名の中央に押します。
これにより、請求書の作成者名と押印がセットになっていることで契約成立になる、と認識されます。
また、かぶせて押印すれば社印が複製されることも防ぐことが出来ます。

(C)独立起業 虎の巻 All Rights Reserved.